保湿のメカニズム

保湿のメカニズム

潤いをキープするということは、お肌にとってはとても重要な事です。

 

保湿せずにほうっておくと乾燥肌になってしまい、
荒れてしまった肌になってしまうので注意が必要なのです。

 

肌の潤いというものは角質層で守られていると言われています。

 

角質層は0.02ミリの厚さで外部から水が侵入してくるのを防ぎ、
内部から水分がなくなっていくのを抑えるという働きをしているのです。

 

角質層には30%の水分が含まれていると言われていますが、
これは正常な状態です。

 

この状態だと肌にハリがでて、
なめらかな肌で柔らかいといった理想の肌でいることができるのです。

 

皮膚が潤っているのは角質層の中の皮脂膜と天然保湿因子とセラミドが、
適格な比率であるために守らているのです。

 

これらの量が減ってくると潤いは失われて、
乾燥肌を引き起こすという結果になってしまうのです。

 

これが起こる主な要因は、加齢などによるものといわれています。

 

こうした状態にならないためには、
皮脂膜と天然保湿因子とセラミドと呼ばれる保湿因子の働きを十分に把握して、
潤いのキープに力を入れるということが非常に重要なポイントとなってくるのです。