保湿で美肌をつくる方法

保湿で美肌をつくる方法

潤っているお肌は角質に隙間が無いので、
外部からの刺激を受けにくくなります。

 

そのためシミやシワができにくく、ハリがあって弾力もあります。

 

ですから、どんなお肌の悩みでもスキンケアでお肌をキレイにしようと思ったら、
原点は保湿力をアップさせるということにたどり着くはずです。

 

子供の頃は何もつけたりしなくてもお肌がプルンと潤っていますが、
年齢が進むにつれ、みずみずしい肌をキープすることは難しくなっていきます。

 

特に毎日メイクをするようになると、化粧品成分によるダメージもあり、
クレンジングの負担もあるので尚更、お肌の潤いを保つのが難しくなるのです。

 

お肌をキレイに保つためには、
保湿力をアップさせることを心がけるのが最も近道です。

 

潤っている肌は、外部刺激が進入するのを防ぐと共に、
お肌の内側の水分が蒸発するのを防ぐことができるため、いつもみずみずしいのです。

 

肌の水分は、角質層の「天然保湿因子」、「皮脂」、「セラミド」によって保たれています。

 

洗顔をするごとに水分の補給が大切ですが、
「セラミド」、「ヒアルロン酸」、「グリセリン」などの保湿成分を補うことが大切です。

 

同時にビタミンEやビタミンAなどのお肌の細胞を活性化させる栄養源も、
基礎化粧品からの補給や、食べ物・サプリメント等で補いましょう。