生理・月経前症候群

生理・月経前症候群とニキビ

ニキビができてしまう原因の中には、
生理や月経前症候群が上げられています。

 

生理は卵胞ホルモンと黄体ホルモンよって、
周期的にコントロールされながら起こります。

 

卵胞ホルモンは別名エストロゲンと呼ばれ、
生理開始から排卵時期まで分泌されるホルモンです。

 

一方、黄体ホルモンは別名プロゲステロンと呼ばれ、
排卵後から分泌されるホルモンとされています。

 

つまり、同じ女性ホルモンでもそれぞれの役割があります。

 

黄体ホルモンは排卵後から生理が始まるまでの期間に分泌され、
皮脂を増やす作用があります。

 

大量に皮脂が分泌されると毛穴に詰まってしまうためニキビができやすく、
皮膚が乾燥してしまうと黄体ホルモンがお肌を守ろうと働きかけるため、
場合によっては悪化することにもなります。

 

また黄体ホルモンによって、イライラや無気力として精神的な不調や、
胸のハリや頭痛などからだの不調が出てしまうことが多くなります。

 

こうした月経前症候群の症状が肌に影響を及ぼすことで、
ニキビの原因となってしまうこともあるのです。

 

ただ生理周期が安定している場合、
排卵や生理がくるタイミングも分かっていることから、
食事面や生活習慣などで自己管理をすることが可能です。

 

こうした月経前症候群の症状を抑えることもできますので、
ホルモンバランスと上手に付き合うことでお肌の調子もコントロールすることができます。

生理・月経前症候群とニキビ記事一覧

保湿で美肌をつくる方法

潤っているお肌は角質に隙間が無いので、外部からの刺激を受けにくくなります。そのためシミやシワができにくく、ハリがあって弾力もあります。ですから、どんなお肌の悩みでもスキンケアでお肌をキレイにしようと思ったら、原点は保湿力をアップさせるということにたどり着くはずです。子供の頃は何もつけたりしなくてもお...

≫続きを読む