うなじニキビの原因と治し方

うなじニキビの原因と治し方

 

首周り・うなじのニキビを治すには、
肌の奥から修復する成分が必要です。

 

というのも、うなじニキビは、肌の奥深くまでダメージが及んでいることが原因なのです。

 

そのため、治し方としては、保湿の徹底がもっとも肝心です。

 

ダメージが溜まっている肌奥まで保湿成分が届き、ターンオーバーを促進してくれる、

専用のケア化粧品を使用する必要があるのです。

 

首周り・うなじのニキビにオススメのケアアイテム!実力ランキング

 

パルクレール

背中・首の後ろ(うなじ)専用のニッチアイテム!

 

背中・首の後ろ(うなじ等)専用という、超ニッチなニキビケアアイテム!

 

値段は少しばかり高いけど、それに見合った効果を発揮してくれます。
安心の120日間の全額返金保証制度付き!

 

 

>>パルクレールの詳細はコチラ<<

 

背中・首の後ろ(うなじ等)ニキビ専用!

 

ルナメアAC

コスパ最強!富士フイルムがつくったアイテム!

 

あの富士フイルム製のコスパ最強アイテム!
低価格なのに高い効果を発揮してくれるオドロキのコスメです。

 

手軽にはじめられる!激安価格の限定キット!

 

 

>>ルナメアACの詳細はコチラ<<

 

コスパ最強!富士フイルムの激安コスメ!

 

【Nov】

美白成分配合!臨床皮膚医学による治し方を実践!

 

@cosmeの口コミランキングで人気ナンバーワンを受賞!

 

美白成分が配合されているので、
シミ・色素沈着の跡が首周り・うなじに残ってしまった人にもオススメ!

 

跡を残さず、ゆっくりと時間をかけて治していきたいアナタにピッタリです。

 

 

>>【Nov】の詳細はコチラ<<

 

シミ・色素沈着の跡が残ってしまったアナタに!

 

 

 

うなじニキビの3つの原因はコレ!

 

毛穴に詰まった皮脂・角質

首周り・うなじのニキビの原因のひとつ目は、毛穴に詰まった皮脂や角質です。

 

首周り・うなじのニキビの原因としては、毛穴に皮脂や角質が詰まるなどし、
それが炎症してしまった状態になっていることや、代謝が衰えることなどが理由と言われています。

 

このような首周り・うなじのニキビを改善するためには、
毛穴に詰まっている皮脂や角質を取り除くことが重要です。

 

 

ターンオーバーの乱れ

首周り・うなじのニキビの原因のふたつ目は、ターンオーバーの乱れです。

 

美しい肌には、肌のターンオーバー(生まれ変わり)が重要と言われます。
このターンオーバーが遅くなると、肌はどのようになっていくのでしょうか。

 

肌のターンオーバーはだいたい28日周期で、
肌の表面の表皮の部分の最も深い部分で新しい肌が作られます。

 

それがこの期間をかけて表皮の最も上まで押し上げられることで、
古い表皮が取り除かれて、新しいものに生まれ変わっていくものです。

 

そのため、ターンオーバーが遅れてくると、この周期が遅くなることになります。
つまり、肌が長い間、古いままで保たれることになってしまうのです。

 

ターンオーバーの乱れは、肌に十分栄養が行き渡らなくなることで、
新しい肌が作りだされるのが遅くなるのが原因と言われています。

 

古い肌はダメージを受けていたり、柔軟性が落ちていたりするため、
ニキビができやすくなったり、ハリやツヤがなくなってきたり、肌トラブルを招きやすいという問題があります。

 

ストレス・衛生状態

「首周りの衛生状態が悪いこと」や「ストレス」も、うなじニキビの原因です。

 

たとえば、髪の毛がいつも首の周りに当たっていたり、
洗濯していない枕でいつも寝ていたりすると、うなじニキビの原因になります。

 

髪の毛を縛らないでロングヘアーを下に垂らしている人は要注意で、
髪の毛が首筋に当たるので、うなじニキビの原因になります。

 

夏場などは首周り・うなじの風通しが悪くなり、
首元は汗をかきやすく、余計に不潔になってしまいます。

 

そのため不潔な首筋の状態は、うなじニキビの原因になるのです。

 

また食事が偏ってビタミンやミネラルが不足していたり、
睡眠時間が短くなったり、強いストレスを受けたりすることもうなじニキビの原因となります。

 

首周り・うなじのニキビ【跡】の治し方

 

水溶性プラセンタ、コラーゲン、グリチル酸2k

 

首周り・うなじのニキビ【跡】を改善する場合、
顔の吹き出物ができた場合の治し方と同じでは、治すことはできません。

 

首周り・うなじのニキビ跡は、洗顔だけでは治すことができないので、
きちんと処置していく必要があります。

 

つまり洗顔料では改善不可能なので、
薬用の保湿剤を使ってしっかり治療していくことが大事です。

 

その際、肌の奥から修復する成分の水溶性プラセンタ、
コラーゲン、グリチル酸2kなどが配合されたものがおすすめです。

 

水溶性プラセンタは、肌の奥まで浸透する微粒子の美肌保湿成分で、
メラニンの生成を抑え、ニキビ跡の色素沈着を早く消してくれます。

 

コラーゲンは、ハリのある肌を作ってくれる成分で、
真皮層の修復に必要不可欠です。

 

つまり、首周り・うなじのニキビ跡を早く治すには欠かせない成分なのです。

 

グリチル酸2kは、ニキビの炎症を抑える効果に優れていて、
赤みを消してアクネ菌を除去してくれます。

 

首周り・うなじのニキビ跡を消すには、
これらの薬用成分により、肌の奥から修復することが効果的です。

 

生活習慣

 

うなじのニキビの治し方について調べてみると分かるのですが、
食生活の改善と、首周りを清潔な状態にすることが、もっとも大事なことです。

 

普段の生活を見直すことはとても大事であり、
食生活を改善するだけで、調子が良くなることがあります。

 

食事は外食ではなく、栄養バランスを考えて自宅で食べることです。
味は薄目にして、油や塩分はできるだけ控える食事をすることです。

 

そして普段から、お風呂に入ったら、首周り・うなじをちゃんと洗うようにし、
髪の毛が首元に触れないよう配慮します。

 

清潔にすることこそが、首周り・うなじニキビの効果的な治し方なのです。

 

首周り・うなじのニキビ跡の治し方としては、
皮膚科に通院することで改善する方法もあります。

 

・ケミカルピーリング
皮膚科でできることとしては、ケミカルピーリングと呼ばれる、
肌に古い角質や毛穴につまった汚れを肌をはぐように取り除く方法です。

 

1〜2ヶ月程度続けることで、毛穴のつまりがしっかりと取り除かれると言われています。

 

・レーザー治療
皮膚に熱を加える事で、肌に引き締めに効果のあるコラーゲンを生成し、
毛穴を締める効果も同時に期待できるレーザー治療も効果的なようです。

 

他にもメラニン色素に反応するレーザーを使い、
黒ずみ等の色素沈着跡を直接取り除く方法もあります。

 

 

参考サイト:しこりニキビ